外壁塗装

ALC外壁の打ち増しを避けるならヘーベルハウスの外壁塗装が最適

足場の組まれた外壁

ヘーベルハウスのALC外壁は、時間が経つとシーリングが劣化してきます。そんなときは外壁塗装工事をする必要がありますが、もし打ち増しをする業者だと、あとで困ることがあるので、気をつけてください。
余計なデメリットを避けたいなら、適当な業者に頼むではなく、きちんとヘーベルハウスに依頼すべきです。それなら、ALC外壁のメンテナンスを熟知しているため、正しい方法で外壁塗装をしてくれます。ヘーベルハウスでは、劣化したシーリングを剥がし、もう一度打ち直す方法で工事を進めていくため、防水効果が高くなるのです。
いろいろな業者の中には、ALC外壁の劣化したシーリングを取り除かず、上から打ち増しをしてしまうところもありますが、それだと効果が持続しにくくなります。数年で水の被害が発生するようになることも多いので、打ち増しはおすすめできません。それを防ぐには、ALC外壁に詳しいヘーベルハウスが一番確実です。
水の被害をうまく回避できない場合、建物の中の湿度が上がり、カビが繁殖してしまうこともあります。意外に早く防水効果が切れるときは、そのような被害もかなり気になるものです。清潔な環境で生活するためにも、外壁塗装の業者選びは慎重に行い、打ち増しを避けるようにしてください。

PICK UP CONTENTS

UPDATE CONTENTS